神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因(コロニアル)

query_builder 2022/03/15
ブログ
9358D247-27DA-40E4-ABAD-F9B4C5121089

おはようございます!


本日は、コロニアル(スレート)屋根からの雨漏りについてご紹介いたします。



まず、コロニアルにも様々な種類があります。

過去にアスベストの規制が入る前までは、コロニアルにアスベストを使用していました。

その後様々な改良された商品が出た中でもパミールと言う屋根は今でも多く存在し、屋根材がボロボロになる現象が発生しております。

今もなおパミール屋根を修繕していない住宅は、雨漏りも時間の問題となります。





釘が打ってない所や、アスベスト入っていないコロニアルはとても弱いです。


コロニアルは、軽量な屋根材でカバー工事や葺き替え工事ができるメリットがあります。


コロニアルの住宅からのご依頼は非常に多いです。





こちらの写真は、屋根材が破損してからしばらく経っており、剥がれ落ちた屋根材の跡がくっきり。



このような現象が10年ほど前から多いため、近年では新築当初よりシングルの屋根材を使用する事が多いです。



コロニアルは低価格で施工出来ても、品質に問題がある事が多いです。


屋根材の割れは雨漏りの原因となります。


そのため、ごく稀ですがお客様より「コロニアルからコロニアルに葺き替えたい」とのご依頼をいただいた際は、これまでの事例を説明し、別の商品をご提案いたします。



現在になりこのような割れなどの問題が発生しているため、新築当初から屋根はシングル材を使用している物件が多く見られます。


弊社でもシングル材、また金属の屋根など様々な種類をご用意しております。


屋根のことでお困りでしたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。



NEW

  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因(コロニアル)

    query_builder 2022/03/15
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/09
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/07
  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因【瓦屋根】

    query_builder 2022/03/05
  • 神奈川県の屋根工事│ドローン屋根調査

    query_builder 2022/03/03

CATEGORY

ARCHIVE