神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

query_builder 2022/03/09
ブログ
LINE_ALBUM_ガルテクト_220309_20

ご自宅の屋根、コケ生えていませんか?


写真の状態の屋根で「雨漏りした」などのお問い合わせが非常に多いです。


今回は屋根カバー工事を行いました。



既存屋根は、割れも発生しておりかなり劣化の激しい屋根でした。


屋根カバー工事の工程は以下の通りです。


▼既存屋根から棟板金や雪止めなどの突起物を撤去する

▼新規防水ルーフィング取り付け作業

▼新規役物取り付け①

▼新規本体葺き

▼新規棟板金(役物)取り付け②


役物とは、各種板金のことを言います。





棟板金の下には、貫板が打たれています。

材木は劣化とともに湿気を吸収してしまったり、収縮してしまいます。


近年では、屋根材が長持ちするため棟板金の下地を材木ではなく樹脂材を使用することも多いです。








撤去作業後新規ルーフィングの取り付けです。


使用したのはタジマPカラーEX+です。


こちらは釘を使用するタイプのルーフィングですが、釘部分から野地板への雨水侵入防止の為、1箇所ずつ板金を挟んで施工しています。






完工です。


今回使用した屋根材は、スーパーガルテクトです。


こちらの商品は、断熱材入りのガルバリウム鋼板の為、錆に強く断熱効果も抜群です。

また、金属なので長持ちすることや塗装も可能です。


屋根のことでお困りでしたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。


本日もお問い合わせお待ちしております。


NEW

  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因(コロニアル)

    query_builder 2022/03/15
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/09
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/07
  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因【瓦屋根】

    query_builder 2022/03/05
  • 神奈川県の屋根工事│ドローン屋根調査

    query_builder 2022/03/03

CATEGORY

ARCHIVE