神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因【瓦屋根】

query_builder 2022/03/05
ブログ
785229B7-2F52-4361-BF73-E54C941CC761


日々たくさんの屋根調査のお問い合わせやご契約ありがとうございます。


弊社では、ドローを使用して屋根の点検を行っております。

細かな部分もその場でお客様と一緒に現在の屋根の状態が見れるので安心です。

また、悪質な訪問営業は屋根に登った際にわざと破損させる事例も多いです。

古い瓦屋根の場合は、屋根に登った際割れてしまう可能性もあります。

そのような無駄な被害もなく、安心して点検できることがとてもメリットです。


しかし、基地の近くや空港の近くでは飛ばせないのでご注意くださいませ。



本日は、瓦屋根の雨漏り案件のご紹介です。


パッと見て…素人ではなかなか修繕時期の判断が難しいですよね。

何年も修繕せず放置してしまい、雨漏りしてからのお問い合わせが多いのが現状です。


瓦屋根は、てっぺんの棟や下り棟の漆喰の剥がれの有無を確認しましょう。


漆喰剥がれ



漆喰剥がれ




また、棟の歪みは雨漏りの原因です。


点検の際、棟の歪みや瓦の割れがある場合は、直ぐに修繕を行ってあげてくださいね。


瓦屋根の住宅は、台風や地震の際に被害が多いです。

今年より法律で瓦屋根の施工方法が変わったため、従来の施工のままの住宅は夏の台風に備えて修繕されることをおすすめいたします。


瓦屋根の施工方法は、部分補修・漆喰工事・葺き替え工事のいずれかになります。

瓦屋根はものすごく重たいため、地震の際屋根の重さに耐えれず倒壊してしまう住宅がほとんどです。

軽量の屋根材に葺き替えてあげることで、そのような被害の心配が無いので安心です。


弊社では、瓦屋根職人歴10年以上の職人が現場管理をして施工を行っております。

葺き替えの際は、建築板金技能士1級の専任技術者が現場管理担当で常駐させております。


年齢が若い職人ですが、年齢に関わらず屋根工事10年以上の職人がほとんどです。

技術が高く、低価格で施工可能な弊社に是非屋根工事をお任せください。


雨漏りする前に、まずは点検依頼を!


本日もお問い合わせお待ちしております。

NEW

  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因(コロニアル)

    query_builder 2022/03/15
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/09
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/07
  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因【瓦屋根】

    query_builder 2022/03/05
  • 神奈川県の屋根工事│ドローン屋根調査

    query_builder 2022/03/03

CATEGORY

ARCHIVE