横浜市の屋根工事│カバー工事

query_builder 2022/01/18
ブログ
C6B625BB-0066-47A4-8830-4C83FA893AB9


おはようございます!


こちらのブログでは、お客様からのよくあるご質問や、これまでの施工写真を掲載しております。




本日は、横浜市にて屋根カバー工事のご依頼をいただいたご自宅です。


既存の屋根は、塗膜が剥がれ、棟板金にも浮きが見られている状態でした。





既存の屋根もオシャレなデザインですね。


カバー工事は、既存屋根の突起物を取り除き、ルーフィング(防水シート)を敷き、新規本体屋根を葺く施工です。





まず、棟板金を取り除きます。

棟板金の下には貫板があり、湿気や長年の経年劣化による棟板金部分の釘の浮きなどにより、雨水を吸収してしまい、貫板が腐食する事例が多いです。


弊社では、長持ちする金属屋根を使用するお客様へ、棟板金や壁際等に使用する貫板を木材ではなく樹脂製の商品にプラン変更が可能です。





複雑な構造の屋根でも弊社にお任せ下さい。

ルーフィングも雨の流れに沿って施工していきます。

弊社で使用しているスタンダードなルーフィングは、タジマPカラーEXです。

その他、粘着タイプのルーフィングや遮熱に特化したルーフィング等、さまざまなグレードの商品も取り揃えております。





棟換気も設置。

棟換気は、建物全体の空気の流れを良くしてくれるため、建物をより長持ちさせてくれる性能があります。

"棟換気から雨漏りしないのか?"と言ったご意見を90%以上のお客様に質問されます。


絶対に雨漏りしない構造になっているため、御安心ください。

こちらも、既存の屋根に棟換気が無いご自宅でも、新規設置することが可能ですし、建物の事を考えた際、弊社ではオススメしている施工です。




今回使用した屋根材は、スーパーガルテクトのシェイドブルーです。

とても仕上がりがカッコイイですね!!


大変人気なスーパーガルテクト。

人気すぎて一時品薄状態となっておりましたが、最近はお待たせせずに施工可能です。



最近では、材木の仕入れが困難であり、鉄の価格高騰(膨大な高騰…)により、今後のリフォーム料金が高くなっていく見込みでございます。


屋根工事や外装リフォームをご検討のお客様は、お早めにお問い合わせくださいませ。


本日もお問い合わせお待ちしております!



NEW

  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因(コロニアル)

    query_builder 2022/03/15
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/09
  • 神奈川県横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/03/07
  • 神奈川県の屋根工事│雨漏りの原因【瓦屋根】

    query_builder 2022/03/05
  • 神奈川県の屋根工事│ドローン屋根調査

    query_builder 2022/03/03

CATEGORY

ARCHIVE