神奈川の屋根工事│屋根工事は塗装?カバー?葺き替え?

query_builder 2021/12/09
ブログ
24CFFB9C-1790-444E-B607-767041D3476C

おはようございます!


こちらのブログでは、お客様からのよくあるご質問や、これまでの施工写真を掲載しております。


弊社では、東京都・神奈川県にて屋根工事を中心に施工を行っております。


千葉県・埼玉県・静岡県でも一部請負させていただいえいるエリアもございますので、エリアについてもお気軽にお問い合わせください。



本日は、屋根工事を【塗装】【カバー工法】【葺き替え】どの施工にするか、お悩みのお客様へ向けた記事にしたいと思います。


まず、10年に1度と言われている塗装工事。しかし10年に1度のスパンで塗装をされているお客様は非常に少ないと思います。


高価なお買い物である住宅。内部を守るための外壁工事をしっかりとメンテナンスしてあげることで、より長持ちする快適な住宅になります。


屋根は1番雨風を受けやすく、劣化しやすい箇所です。

普段外壁が屋根よりも劣化しないのは、屋根からの雨水を雨樋がしっかりと下へ流してくれている為です。



何も手を加えていない材木と、塗装をしてあげた材木とでは劣化のスピードが大幅に変わります。

塗装がいかに大切かが一目瞭然です。



上記のお写真にあるように、屋根の1番上には【棟板金】といった板金で施工されております。

こちらは台風などの風災や劣化により、釘がサビてしまったり緩みが発生し、吹き飛ばされてしまう事例や、釘などの緩みにより棟板金が浮き、雨水が侵入して室内に雨漏りが発生する事例が非常に多いです。


雨漏りが酷くなければ、カバー工事をおすすめいたします。

雨漏りが発生し、野地板の腐食が始まっている場合は、カバー工事の施工が出来ないため、葺き替え工事となります。



弊社でも、まだ塗装で大丈夫そうな住宅には、塗装を推進しておりますが、現時点~10年以内のメンテナンスを考えた場合、どちらが安く施工出来るのか、屋根が今後どのように劣化していくのかを見極めて、最良の施工方法をご提案しております。


屋根工事でお困りのお客様は、お気軽にお問い合わせ下さいませ!


本日もたくさんのお問い合わせ、お待ちしております!


NEW

  • 東京都の屋根工事│カバー工事(品川区)

    query_builder 2022/01/19
  • 横浜市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/01/18
  • 川崎市の屋根工事│カバー工事

    query_builder 2022/01/14
  • 神奈川県の屋根工事│葺き替え工事(雨漏り)

    query_builder 2022/01/07
  • 謹賀新年│屋根工事は株式会社Re'roof

    query_builder 2022/01/06

CATEGORY

ARCHIVE